DIEGA
2000年に読みきりの形で同人誌にしようかと思ったりしたものの、
完成しなかった原稿。