DIEGA

夜の闇に紛れる魔物が彼を囲う。
「今夜は数が多いわよ」
「何、いつものことだ。
どうせこうやってやってくるのは、相手の実力も正体もわからない無能な輩だけだからな」