冒険願望
「また、冒険しにおいで。いつでも待ってるから。」
「呼ぶから…… の間違いだろ?」
「これを、お使い賃の代わりに……」
 ヒロシはとりあえず礼を言った。手を開いてよく見ると、なんとそれは金貨だった。彼女は自分の全財産に等しいお金を提供してくれたのだ。だが、彼はそれに気付かなかった。