冒険願望
ミントが考えるに、この場は少々おかしく自分の窓に写った。なぜならばザムを圧倒している者は、年少者であり、体型も身長もザムのそれにはかなわなかったのだから。
「その先祖とやらはどこにいると思っている。」
 その笑みは明らかに、年長者の眼差しと相まっていた。