×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 冒険願望
 「ヒ、ヒロシ…… 魔法が使えるの?」
 一同驚きの声を上げ、今のヒロシが好戦的なことを皆が肌で感じ取る。金髪の英雄は、ウィズを庇いつつ配下の精霊に、全精神力で命令した。
「あいつを止めろ! それと……」
 ザムはたゆたい流れるような仕種で、襟元の紋章を外し、指で押しつぶすと、粉々に砕く。ミントたち四人に残骸を振りかけると、自分が先頭に立つ。
「こいつは今、化け物だ。暴走させては駄目だ!」
 彼は今までの経験から匂いを感じ取った。